Mar 7, 2012

ラリー小野田との思い出

2012年3月1日に、Funkyベーシスト ラリー小野田が逝去(享年52歳)。
3月4日に小岩でお別れ会があった。
その前の晩から、ずっとラリーとの思い出を振り返ってみた…。
3/1以降のツイッターを見ていると、本当にたくさんの人たちに
それぞれのラリーとの思い出があって、 その方たちのブログを読んでいると
「あるある」と自分にも思い当たるようなことがあった。
私もラリーとの思い出をここに書き記して、ラリーと音楽活動を共にした人たちと
思い出を共有できたらいいなと思います。

出会いはかれこれ22〜23年前。
当時、私は「Roll um Easy」という女性ロックバンドでギタリストをしていたのだが、
そこで新しいドラマーを募集していたところ、あの「SLUT&SLASH」の女性ドラマーが来てくれた。そしてSLUT&SLASHのベーシストであったラリーも、まめにRoll um Easy に顔を出しては、気合いが入ってとんがっていた私たちに、男性陣をギャフン(←古)と言わせるようなサウンドを作るアドバイスをくれた。私は、オーバードライブにワウやフェイザーなんかのエフェクターを使っていたのだが、「ユニバイブを見つけたらすぐ買った方がいい」とか「ユニバイブの代わりにコルグのToneWorks G4(だったかな)がいいぞ」など言っては、「Dave MasonやRobin Trowerあたりを目指すといいよ」と、テープに音源をダビングしてくれたりアドバイスしてくれていた。あるライヴの日に、Roll um Easyのベーシストの都合が悪くなり、ラリーが代わりに入ってくれた時があったが、その時はジミヘンの「Freedom」を急にコピーさせられて、すごいギリギリな感じで演奏したのを覚えている。

その後、私はRoll um Easyから独立して、Vocal & Guitarとして「コントロール」という、私とベースが女性でドラムは男性という3人編成のバンドを立ち上げ、ギターカッティングをフューチャーした曲でライヴ活動をしていた。ラリーはコントロールのベーシストを育てたいモードに入っていて、コントロールでは主にリズム体に対して、ライヴを見てはアドバイスをくれていた。
この頃、ラリーが私に「自分のメインバンドだけでなく、腕を磨くためには、いろんなバンドをもっとたくさんやった方がいいよ」とアドバイスしてくれた。そんなアドバイスも手伝って、かなり濃いFunk集団の「Bad☆Gun」にサイドギタリストとして参加することになった。

その後にも「他にもバンドやろうぜ」ってことで、雑誌のメンボでデュアン・オールマン好きの女性ギタリストと出会い、「Gang Bang Review」という名のバンドを作った。そんなにたくさん活動はしなかったが、ギム・サム・ラヴィンとかサティスファクションなどのカバーや、オリジナル曲で数回ライヴをやった。

その後には、友人でボーカリスト & Song WriterのAkemiとツインボーカルで、1回だけの企画ものバンド ファイネストラヴァーズを結成。私の地元のキーボーディストとギタリストを誘って、下北沢251でライヴをやった。この若手ギタリストにもラリーはあれこれいろいろアドバイスをしていて、本当に若手育てが好きなんだなぁと思った。

そして、さらにその後「がっつりギターを弾けるギタリストを入れて、コンちゃんの歌をもっとフューチャーできるバンドをやろうぜっ」と再び声をかけられ、「Monkey Brain」というバンドを結成した。このバンドではレコーディングまでして、短期間ながらも意外に濃い活動をしていた。そして、この話を今回思い出していた時に、とても大事なことに気づいた!  その「がっつり弾けるギター」というのが、いまの私の人生のパートナーでもある池内秀樹なのだ。Monkey Brainのために、ダメもとで声をかけたのがきっかけで一緒にバンドをやることになったのだが、ラリーがこのバンドをやろうと声かけしてくれなかったら、私は池さんと再会していたのだろうか?? なんとラリーには私の人生の大分岐点となるきっかけを与えてもらっていたのだ。

そして、ステージネームをRoseと改名し、ボーカリストとして「Rose & the Essentials」で活動を始めた。ここでもラリーが関西で忙しくなるまでは、ベースを弾いてもらっていたのだ。

それにしても、本当にラリーは最後までよくがんばったと思う。あんなに人ってがんばれるものなんだろうかと不思議に思うし、ラリーとも「もはやこれは奇跡に近いかもね」などと話していた。もともと体が大きいので、あまり痩せた感じもしなかったし、実際つらそうな時もあったのだが、それでも私よりもはるかにエネルギーに満ちている感じを受けた。最後の演奏になってしまった2/23のロックミュージカルのバンドでも、薬の袋を後ろにぶら下げたまま、フィナーレでのラリーコールの中でのベースソロでは、本当に輝いていた。あんな楽しそうな顔をして弾くラリーを見ることができたのは、本当にラッキーだったと思う。私は、人生観が変わってしまうほどに感動して、思わず涙が出てくるほどだった。

ラリーのお別れ会で、ラリー本人と対面した時、「あっ、ラリーもうここにはいないな」という気がした。「ラリーはもう次のどこかにいったんだな」という気がして、涙はこみ上げてきたけど、悲しみよりも、「ラリー、自由になったんだなぁ」という気がした。すごく不思議な感情に自分でも驚いてしまったのだが、最後の最後まで、ラリーにはいろいろ教えてもらったり、きっかけをもらったりしてるみたいだ。

ラリー、本当にいろいろありがとう。
ラリーに出会えて、本当に楽しかったよ。
もう次に向かってるラリーを、応援してるよ!

Feb 18, 2012

2/29 Roseライヴのお知らせ


2月29日、約6年ぶりにワンマンライブをやります!
実はこの日、私の4年に一度の誕生日なんです(自分で言って、恐縮です)。
まだまだがんばるRoseをぜひ応援しに来てください。
心からお待ちしています。
Rose

2012年2月29日(水)
大塚 Welcome back
Open 18:30 1st Stage: 17:30 2nd Stage: 21:00 Charge: 2,500円
Vocal: Rose (aka T. Kon)   Guitar: 池内 Ike 秀樹
Drums: アーミン・武士・リンツビヒラ Bass: 大友 Big Daddy 正明
Percussion: 中島オバヲ Keyboard: 安齋孝秋

Feb 15, 2012

Whitney Houstonに思いをよせて


 今年のグラミー賞は、どうにもならない沈痛な雰囲気ではじまった。その前日、あまりに突然ホイットニー・ヒューストンが逝ってしまったからだ。L. L. クール J.は見事な司会で、この瞬間に音楽を楽しむことがホイットニーへの餞になるのだと信じさせてくれた。心のこもったオープニングだった。

 90年後半から、歌のうまい女性シンガーたちをDivaと呼ぶようになった。その前は「Queen of 〜」という言い方が主流だったと思う。Divaを5人選ぶとなると多少の違いがあるかもしれない。でもDivaをひとり選べとなると、間違いなくホイットニー・ヒューストンだと思う。
 昨日のテレビで女性コメンテーターが「一生分の息を使って歌っているようだ」と表現していたが、まさにそう思わせる、宇宙を震わせるほどの歌声だ。そして、これほどまでに、ホイットニー・ヒューストンの歌声、そして存在そのものが神様からの贈り物だったと思わずにはいられなかった。そしてそう思うと、少し気持ちが癒される気がした。

 私は2010年2月、埼玉スーパーアリーナで2回コンサートを見た。昔のような声ではないと批判する意見もあったが、私はそうは思わなかった。確かに声はかすれていたし、昔のヒット曲をオリジナルキーで歌うのは今は無理なのかなとは思った。でも、歌のテクニックや表現力は前にもまして迫力があり、現在のホイットニーのキーにあっている新しいアルバムからの曲では「これから自分は強く生きて行く、歌って生きていくんだ」という決心を心から強く表現していた。どんなに声が昔とちがっていても、生であのI will always love youを聞けば「If〜」と歌った瞬間に、思わずスタンディングオベーションをしてしまう、やはりホイットニーの右に出る者はいないと思った。そして、私はこのままファンとして応援し続けようと思ったのだ。

 ホイットニーのプロフィールや『ホイットニー・ヒューストン物語』(吉岡正晴氏[翻訳・監修]) を読むとよくわかるが、そんなDivaにも満たし切れない思いはあったようだ。
 ホイットニー・ヒューストンは、ゴスペルシンガーである母の血を受け継ぎ、ブラックカルチャーのルーツである教会でゴスペルを歌うことから音楽人生をスタートさせている。その後華々しくデビューし、ビルボードチャートをかけぬけたことは誰もが知っているが、この成功は当初、一部のブラック社会から批判されていたのだ。
 Soul Trainアワードというブラックミュージックの祭典があり、当時ホイットニーはもちろん受賞したのだが、その際、会場からブーイングがあったそうだ。そして「オレオ」という屈辱的なニックネームが叫ばれたりしたということだ。オレオはあのクッキーのことだが、外側が黒くて中が白い、つまり、黒人だけど中身は白人だ、という嫌みなニックネームなのだ。その後のホイットニーは、このブラック社会から認められることを強く求めるようになった気がしている。
 そもそもボビー・ブラウンとの恋は、そんな気持ちからスタートした部分もあるのでは、と推測したりしていた。当時のボビーホイットニーの洗練された美しいサウンドとは異なり、当時のブラックミュージックの先端サウンド、ニュージャックスイングでブラックカルチャーのかなりなクール路線をいっていた。そんなボビー・ブラウンに認められれば、自分をオレオと呼んだような人たちにも認められることになると思ったりしたのではないか、とこれは私の勝手な推測だけど、そんな風に思っていた。
 その後も、叔母のディオンヌ・ワーウィックのように、きれいなメロディーを歌う正統派路線で十分成功したはずなのに、Hip Hop色の強い曲や、Hip Hop系シンガーとのコラボなど、ゴスペルではない、ストリートなルーツを取り入れていこうとしている姿に、ホイットニーのそんな気持ちがうかがえる気がしていた。
  誰もが欲しがる全てを持っている、と思われたいた女性も、自分にない何かを求めてやまないものなのだと思うと、人って本当にはかない存在であり、また一人一人が貴重な存在なのだと実感する。

 もし、ホイットニーの音楽をあらため聞いてみようという方は、ぜひ最新の「I Look to You」を聞いてほしい。ホイットニーがこれから自分の第2の人生を歩むために、最後まで立ち上がろうとしていた強い思いが感じられると思う。そして、生きるってそういうことなんだ、と教えられることに気づくと思う。

 Whitney, you are the best, only one diva. 
   And we will always love you. 


自分の思い出記述 その1。。。
かつてホイットニーがTwitterをしていたころ、私は幸運にも返信をしてもらった。遺作となった映画「スパークル」の撮影がはじまったばかりで、ホイットニーはそのリハーサルでこれからスタジオに行くとつぶやいていた。私はそれに対して、「Wow, I can’t wait to see you in the screen.」と返信したら、「I'm excited, too, girl」みたいな返事が来たのだ。興奮しきった私はこれをずっとお気に入りにいれたいたのだが、ある時、ホイットニーがTwitterを辞めてしまい、一斉削除になってしまった。そして私のお気に入りからもなくなってしまったのだ。大切なお気に入りTweetはキャプチャを取っておくべきだった(号泣)。


自分の思い出に記述 その2。。。
2月29日のライヴに向けての新曲、今回は英語で歌詞をつけたのだが、偶然にも
ホイットニーをイメージして数行を書いていた。
自分が憧れていたDiva、全てを持っていると思ったが、
彼女はいま、ひとりで戦っている
どんな女性にも自分を守ってくれる人が必要なのだ…
というような内容だ。
以下、全詞。


I Have Faith in You

I look myself in the mirror
She’s smiling back at me
Though I never see any beauty in her
Surprisingly she’s bright and lively

To be a winner in the spotlight
I believed that’s the way life goes through
Though I never win but I feel shining, I’m all right
‘Cause I know I have faith in you

The diva whom once I adored,
She had perfect beauty and pride
She’s defended herself against scoffers
Any Woman needs someone to let her cry

My heart feels safe, cause you’re my Mr. Right
everyday isn’t easy, whenever I feel blue
I believe you keep me alive and guide me to the light
And I know I have faith in you

I feel much stronger than ever
You give me the confidence to be me, just be me
Since we’ve started to spend time together,
You taught me that loving myself means loving you and the love is all I need 
(© Rose T. Kon / Hideki Ikeuchi)